Save2PDF ヘルプ

ヘルプデスクによるサポートは年中無休でご利用いただけます
   ダウンロード PDF 2020-08-13
English

他のアプリケーション…

入門
印刷を始める


まず始めに、Save2PDFの中に「クイックスタート」ファイルを印刷できます。

Save2PDFは特別なソフトウェアを使わずにほとんどのプリンタモデルに直接印刷しますが、プリンタの接続に問題がある場合、またはプリンタにUSB接続がある場合は無料のWePrintプリンタ共有ソフトウェアをインストールすることをお勧めします。
ここからあなたのMacまたはPCにWePrintをインストールしてください。 http://esz.us/wp
  1. 画面左上の3つ並んでいるボタンをタップして左側のパネルを開き、「ファイル」をタップします。
  2. 「クイックスタート」ファイルをタップして表示します。
  3. 画面右上の(印刷)ボタンをタップして(印刷)ウィンドウを開きます。
  4. 自動的に「プリンタ」を選択する画面が表示されない場合は、「選択」ボタンをタップしてください。
  5. ネットワーク上で利用可能なプリンタが検索されます。プリンタをタップして選択します。
  6. 緑色のWePrintプリンタを選択しなかった場合は、 "セットアップ"画面を使ってプリンタに最適なプリンタオプションを選択できます。テストするには、各オプションの横にある「テスト」をタップします。より多くのオプションを選択するために "More"をタップしてください。このオプションはほとんどのプリンタをサポートします。例えば。エプソン、キヤノン、ブラザー、HP、レックスマーク、デル、サムソン、コダックなど
    プリンタが多数の白紙ページを印刷する場合は、用紙トレイを引き出してプリンタを再起動します。
  7. プリンターの機種によっては、セットアップテストに互換性がない場合があります。あなたはまだ印刷することができます。ここからあなたのMacまたはPCにWePrintをインストールしてください。
  8. WePrintをインストールした場合、Save2PDFは自動的にWePrintを見つけて「プリンタ」を選択する画面にプリンタを表示します。そうでない場合は、右上の+をタップして、手動でWePrintサーバーのアドレスを入力してください。それでもWePrintが見つからない場合は、接続のトラブルシューティングツールを開きます(
  9. プリンタを選択したら、(印刷)画面で(印刷)をタップして印刷します。

印刷画面の「プリンタのオプション」ボタンをタップすると、ページサイズ、余白などの設定を変更できます。

空白のページが表示されたり問題が発生した場合は、ここ()をタップしてトラブルシューティングのセクションに進みます。


ブックマーク    表示
Safari/写真やその他のアプリ内からのPDF変換


Save2PDFは、iOSに組み込まれている拡張機能を利用します。これは、Safari/Photsなどの別のアプリ内からSave2PDFを使用できることを意味します。以下の手順に従って、Save2PDFを他のアプリで使用できるようにします。このガイドはSafari向けですが、他のほとんどのアプリでも同じ手順を使用できます。
  1. Safariを開き、画面右上のアクションボタン(矢印の付いた正方形)をタップします
  2. 「アクションの編集...」ボタン(iOS 12の場合は「詳細」ボタン)が表示されるまで、アクションポップアップの一番下の行を左にスクロールします
  3. 「アクションの編集」ボタンをタップすると、Save2PDFがリストされます
  4. Save2PDFの横のスイッチをオンに切り替えます
  5. アクションメニューに表示されるリストの順序を変更する場合は、右側のドラッグバーを使用して、Save2PDFをリスト内で上下に移動します。
  6. 完了をタップします。


  7. (アクション)ボタンをタップするたびにSave2PDFがオプションとして表示されます(下にスクロールする必要がある場合があります)


    ブックマーク    表示
アプリの設定

Save2PDFアプリの設定を編集するには、画面の左上にある3つのボタンをタップします。その後、サイドパネルの上部にあるコグボタンをタップします。
各設定セクションのタイトルをタップすると、そのセクションの設定が開きます。


ブックマーク    表示
Eメール
Apple Mailアプリからの印刷

Save2PDFは、コピー&ペーストを使用してAppleのMailアプリから電子メールを印刷できます。このメソッドは、書式設定と電子メールの外観を保持します。

メールを印刷するには、以下の手順に従ってください。
  1. メールで印刷したいメールを表示する
  2. タップ&ホールドして、希望のテキストをハイライトします。
  3. 青いコピーポイントを移動して、印刷するセクションまたはページをカバーし、「コピー」をタップします。
  4. Save2PDFを開き、コピーしたテキストを印刷するように求められます。


注:添付ファイルを印刷する場合は、添付ファイルをタップ&ホールドし、[開く]をタップして[Save2PDF]を選択します。


ブックマーク    表示
電子メール設定の送信

自分のアカウントから電子メールでファイルやメモを送信する場合は、外出先の電子メールサーバーを設定する必要があります。
アプリケーション設定()を開き、(電子メール)セクションを開きます
(送信メールサーバー)をタップし、メールプロバイダの詳細を選択または追加してアカウントを作成して入力します
dit設定画面の上部にある「+」ボタンを使用して、アカウントの種類を選択します。


ブックマーク    表示
設定
Save2PDF画面をロックする。アプリデータを保護する。

設定を使用して、Save2PDFとそのデータへのアクセスをロックすることができます。アプリ設定を開きます() - アプリケーションセクションの下部にあります。 「アプリケーションパスワード」をタップすると、アプリ画面をロックするタイミングを選択できます。あなたは自分のパスワードやピンコードを入力することができます。注意:パスワード/ピンを忘れた場合は、アプリを再インストールする必要があります。
iPhone/iPadがサポートしている場合は、タッチID指紋のロック解除オプションを使用することもできます。


ブックマーク    表示
連絡先
連絡先へのアクセス

連絡先アクセスに関するSave2PDFのメッセージを受け取っている場合は、デバイスのアクセス設定を確認する必要があります。

Apple iPad/iPhoneの「設定」アプリ>プライバシー>連絡先> Save2PDFを開きます。 Save2PDFが「オン」に設定されていることを確認してください。

また、設定アプリ - >一般 - >制限 - >連絡先(下部にあります)を開きます。 Save2PDFが「オン」に設定されていることを確認してください。

また、設定アプリをタップ>スクロールの下部には、私たちのSave2PDFをクリックしてください。 「連絡先」をオンにします。


ブックマーク    表示
連絡先の詳細の編集

連絡先の詳細を編集するには、以下の手順に従ってください
  1. サイドパネルの「連絡先」をタップします
  2. 連絡先グループを選択し、検索またはスクロールして連絡先を検索する
  3. 連絡先をタップして概要を表示し、要約画面の下部にある「連絡先を表示」をタップします。
  4. 連絡先の詳細を編集するには、右上の(編集)をタップします。

注:初めてSave2PDFを実行すると、Save2PDFがあなたの連絡先にアクセスできるかどうか尋ねられます。 「いいえ」をタップした場合、このセクションであなたの連絡先を見ることができなくなります。これを修正するには、端末の設定アプリに移動し、(Save2PDF)までスクロールして連絡先アクセスをオンにします


ブックマーク    表示
連絡先/住所ラベルの印刷

サイドメニューを開くには、Save2PDF内の画面の左上にある3行のボタンをタップします。その後、「連絡先」をタップして連絡先画面を表示します。
連絡先は、連絡先名の左側にあるチェックボックスを使用して連絡先リストから選択できます。すべての連絡先を選択するには、画面上部の✓チェックボックスを使用します。連絡先を選択したら、(印刷)ボタンをタップします。

各連絡先グループの連絡先は、上部のツールバーのグループボタンで表示できます。
印刷ボタンをタップした後、「プリンタオプション」をタップし、「連絡先レイアウト」をタップして別の印刷レイアウトを選択します。

検索ボタンを使用して、検索フィールドにテキストを入力して、表示する連絡先のリストをフィルタリングすることができます。

連絡先が表示されない場合は、連絡先アクセスに関するセクションを参照してください。


ブックマーク    表示
印刷
印刷を開始する

まず、Save2PDFの中に「クイックスタート」ファイルを印刷することができます。

Save2PDFは余分なソフトウェアなしでほとんどのプリンタモデルに直接印刷しますが、プリンタへの接続に問題がある場合やプリンタにUSB接続がある場合は、無料のWePrintプリンタ共有ソフトウェアをインストールすることをお勧めします。
MacまたはWindowsにWePrintをインストールするにはこちらからhttp://esz.us/wp
  1. MacまたはPCにWePrintをインストールした後、Save2PDF内の印刷ウィンドウ()を開きます。
  2. 「プリンタ」画面を自動的に選択しない場合は、「選択」ボタン
  3. をタップして、
  4. MacまたはWindows PCでWePrintを検索するためにネットワークが検索されます。 Mac/PCとiPhone/iPadが同じWiFiネットワークを使用していることを確認してください。 3G/4Gまたは別のWiFiの場合は、リモート印刷(
  5. 緑色のウィープリントアイコン
  6. でプリンタ名をタップして選択します。
  7. WePrintプリンタが表示されない場合は、右上の+をタップし、WePrintサーバのアドレスを手動で入力します。それでもWePrintが見つからない場合は、接続に関するトラブルシューティング(
  8. プリンタを選択した後、印刷画面の「印刷」ボタンをタップして印刷します。

[印刷]画面の[プリンタオプション]ボタンをタップすると、ページサイズ、余白などの設定を変更できます。

空白のページが表示されたり問題が発生した場合は、ここをクリックしてトラブルシューティングのセクション()に進みます。


ブックマーク    表示
プリンタドライバの選択

まず、Save2PDFの中に「クイックスタート」ファイルを印刷することができます。

Save2PDFは余分なソフトウェアなしでほとんどのプリンタモデルに直接印刷しますが、プリンタへの接続に問題がある場合やプリンタにUSB接続がある場合は、無料のWePrintプリンタ共有ソフトウェアをインストールすることをお勧めします。
MacまたはWindowsにWePrintをインストールするにはこちらからhttp://esz.us/wp
  1. Save2PDF内の印刷ウィンドウ()を開きます。
  2. 「プリンタ」画面を自動的に選択しない場合は、「選択」ボタン
  3. をタップして、
  4. 使用可能なプリンタがネットワークで検索されます。タップしてプリンタを選択する
  5. 緑のWePrintプリンタを選択しなかった場合は、「セットアップ」画面を使用してプリンタに最適なプリンタオプションを選択できます。
  6. 各オプションの横にある「テスト」をタップしてテストします。 (その他)をタップすると、より多くのオプションを選択できます。キヤノン、エプソン、HP、ブラザー。プリンタで空白のページが多数印刷される場合は、用紙トレイを引き出してプリンタを再起動してください。
  7. 一部のプリンタモデルでは、セットアップテストに互換性がない場合があります。あなたはまだ印刷することができます。 MacまたはPCにWePrintをインストールするには、http://esz.us/wp
  8. プリンタを選択した後、印刷画面で「印刷」をタップして印刷します。


空白のページが表示されたり問題が発生した場合は、ここをクリックして()、トラブルシューティングのセクションに進んでください。


ブックマーク    表示
どのプリンタに印刷できますか?

余分なソフトウェアを使用せずに、WiFi経由でほとんどのプリンタモデルに直接印刷することができます。
AirPrintは印刷する必要はありません。お使いのMacまたはPCにインストールされている無料のWePrintプリンタ共有ソフトウェアを使用して、iPhone/iPadからすべてのプリンタに印刷できます。
http://esz.us/wp

プリンタにUSBやその他の接続タイプがある場合は、WePrintを使用してプリンタをiPhone/iPadと共有することもできます。


ブックマーク    表示
レイアウトとプリンタのオプションを変更する

印刷画面()で、(プリンタオプション)をタップすると、いくつかのレイアウト機能を編集できます。ページの範囲、余白、グレースケール(白黒)、用紙の向き(横、縦、回転)、用紙サイズ(A4、A3、US Legal、Custom)、両面印刷、用紙トレイなどを変更できます。最大のオプションについては、WePrintサーバープリンタ()をインストールして選択します。
印刷サイズが間違っている場合は、余白を「0」に変更することができます。負の数を使用して印刷サイズを拡大して、フルページを印刷することもできます(例:-1.0、-1.0、-1.0、-1.0)。
別の用紙サイズを選択できます。また、A3、Tabloid、ラベル、ペーパーロールなど、独自のカスタム用紙サイズをプリンタに作成することもできます


ブックマーク    表示
WiFiの代わりに3G/4Gを使ってリモートで印刷する


あなたのオフィスや自宅のプリンタにリモートで印刷したい場合は、WePrintを使って "モバイルデータで印刷"オプションを使うことができます。

クイックスタートガイド
  1. こちらから無料のWePrintをダウンロードして、MacまたはPCにインストールしてください。http://esz.us/wp
  2. WePrint設定で新しいメールアカウントを設定することを強くお勧めします。 WePrintは受信トレイにあるプリンタの電子メールを作成します。既存のアカウントを使用している場合、これらの電子メールが散らばってしまう可能性があります。
    新しいメールアカウントを作成します。
  3. 新しい電子メールのユーザー名とパスワードを、(WePrintの設定)の(モバイルデータを介して印刷)タブに追加します。メニューでメールアカウントの種類を選択します。
  4. iPad/iPhoneで、Save2PDFの内側にある(印刷)ボタンをタップします。
  5. 「選択」をタップしてから、緑色の「モバイルデータを印刷」ボタンをタップします。
  6. 新しいメールアドレスとパスワードを入力してください。メニューからメールアカウントの種類を選択して、(接続)をタップします。 WePrintersの一覧がプリンタの選択画面に表示されます。



一般的に、あなたがあなたのローカルWiFiネットワークにいるとき、Save2PDFは自動的にあなたのネットワークであなたのWePrintサーバーを見つけてそしてあなたがすぐに印刷することを可能にするでしょう。と同じネットワークにいない場合
WePrintサーバー、または3G/4G経由で印刷したい場合は、WePrint設定の(プロキシ経由で印刷)オプションを使用できます。


「モバイルデータを介して印刷」機能を電子メールアカウントからの印刷と混同しないでください。転送方法としてこの電子メールアカウントを使用しています。 Save2PDFがEメールをサポートしている場合は、セットアップすることができます
あなたのiPhone/iPadのアプリの「Eメール」セクションに印刷するあなたのEメールアカウント

フルインストラクション
  1. こちらから無料のWePrintをダウンロードして、MacまたはPCにインストールしてください。http://esz.us/wp
  2. 新しいメールアカウントを作成します。例えば。

    Outlook/Hotmail:
    新しいアカウント - https://login.live.com
    注: Mac OS Xのみ

    AOL:
    新しいアカウント - https://login.aol.com
    注:この設定Webページで(安全性の低いサインインを使用するアプリを許可する)をオンにする必要があります。https://login.aol.com/account/security

    ヤフー:
    新しいアカウント - https://login.yahoo.com
    注:この設定Webページで(安全性の低いサインインを使用するアプリを許可する)をオンにする必要があります。https ://login.yahoo.com/account/security

    Gmail:
    新しいアカウント - https://accounts.google.com
    注:この設定ウェブページhttps://myaccount.googleにある(安全性の低いアプリへのアクセス)をオンにする必要があります。コム/セキュリティ
  3. お使いのコンピュータのWePrintに行き、 "設定"ボタンをクリックしてください。次に、(モバイルデータで印刷)タブをクリックします。
  4. (電子メール/WebDAVサーバーを介したリモート印刷)オプションをオンにします。
  5. 新しいメールアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。メニューでメールアカウントの種類を選択します。 「テスト」ボタンをクリックしてください。
  6. テスト後に緑色のチェックマークが表示されます。
  7. iPad/iPhoneでSave2PDFを開き、先に進んでWebページやカレンダーのようなものを印刷します。
  8. 「印刷」画面が表示されたら、プリンターの選択が表示されていない場合は「選択」をタップします。
  9. 緑色の(モバイルデータの印刷)ボタンをタップします。
  10. メニューからメールアカウントの種類を選択します。新しいEメールアドレスとパスワードを入力してから、「接続」をタップしてください。また、gmailログインWebページに再度ログインする必要があります。
  11. プリンタの選択画面に、緑色のWePrintプリンタの一覧が表示されます。
  12. プリンタを選択して(印刷)をタップします。



電子メールサーバーへのアクセスをブロックするファイアウォールを備えたオフィスネットワークがある場合は、iDiskまたは別のWebDAVサーバーを使用できます。ステップ5の間に、WePrintでタイプドロップダウンを選択します。
iDiskまたはWebDAVを選択するための設定。

印刷するときは、「印刷」画面の「サーバー」フィールドに「Proxy:」で始まるサーバー名が表示されていることを確認してください。プロキシ経由で印刷するためにWePrintを実行する必要はありません。
そしてそれは一般にファイアウォールによって制限されていません。印刷された文書を収集するためにWePrintを後で起動することができるので、旅行中に最適です。
印刷ジョブを収集して印刷するには、WePrintが何らかの段階で実行されている必要があります。

設定に問題がある場合は、モバイルデータ印刷によるトラブルシューティングのセクション()をご覧ください。


ブックマーク    表示
モバイルデータ印刷を使用したリモート印刷の問題


iPhoneのプリント画面のサーバー欄に「Proxy:」と表示されていますか。そうでない場合、WePrintサーバーを選択または追加するには、「プリンター」フィールドの横にある「選択」ボタンを使用してください。
  1. 「プロキシ経由で印刷」を使用して問題が発生した場合は、まず「モバイルデータを介して印刷」するためだけに新しい電子メールアカウントを作成してください。
    これは、他のアプリがこのアカウントからメールを削除するのを防ぐためです。他のEメールアカウントからのEメールを印刷できないという意味ではありません。

  2. これらのアカウントタイプについては、セキュリティ設定を確認してください。

    AOL:
    この設定Webページで(安全性の低いサインインを使用するアプリを許可する)をオンにする必要があります。https://login.aol.com/account/セキュリティ

    ヤフー:
    この設定Webページで(安全性の低いサインインを使用するアプリを許可する)をオンにする必要があります。https://login.yahoo.com/アカウント/セキュリティ

    Gmail:
    この設定ウェブページのhttps://myaccount.google.com/securityで(安全性が低いアプリへのアクセス)をオンにする必要があります。
  3. WePrintを終了します。 WebブラウザでEメールの受信トレイを開き、Eメールの受信トレイにあるWePrintの件名のEメールをすべて削除します。 WePrintをもう一度起動します。
  4. WePrint設定の(モバイルデータから印刷)オプションに移動します。 「Eメール/WebDAVサーバー経由のリモート印刷」をオンにします。メールアドレスとパスワードが正しいことを確認してください。メールアカウントの種類を選択します。 (テスト)ボタンをクリックしてから(保存)ボタンをクリックします。
  5. WebブラウザでEメールの受信トレイに移動し、そこに新しいWePrint Eメールがあることを確認してください。単一の添付ファイルを含める必要があります。そうでない場合は、WePrintで設定を確認してください。
  6. 設定が完了したらiPhone/iPadに行き、印刷画面が表示されたら、(選択)ボタンを押します。
  7. 名前の下に「Proxy」を付けてWePrintプリンタを左にスワイプし、それらを削除します。
  8. 次に、(モバイルデータの印刷)ボタンをタップします。
  9. 新しいメールアドレスとパスワードを入力して、(接続)をタップします。メニューでメールアカウントの種類を選択します。
  10. 名前の下に「Proxy」と表示されたプリンタの選択画面に、緑色のWePrintプリンタのリストが表示されます。


WePrintがEメールアカウントをチェックするのを待つので、少し遅れがあります。すぐに印刷するには、WePrintの(モバイルデータで印刷)タブを開き、(今すぐ確認)ボタンをクリックします。

Save2PDFのEメールアカウント画面でモバイルデータ経由の印刷Eメールアカウントを設定しないでください。これは印刷にのみ使用されるため、(モバイルデータを介して印刷)画面に追加するだけで済みます。


ブックマーク    表示
Googleクラウドプリントを使用した印刷


Googleクラウドプリントは2020年末に廃止されることに注意してください。リモート印刷の代わりは、Print via Mobileデータソリューションです。

iPadまたはiPhoneでGoogleクラウドプリンティング(GCP)を使用する前に、Googleクラウドプリンティングを設定する必要があります。 こちら
Googleクラウドプリンティングのインストールに問題がある場合は、Googleにお問い合わせください。

Googleクラウドプリントをインストールしてテストページを印刷したら、Save2PDFで設定できます。
  1. iPad/iPhoneのSave2PDFで印刷画面が表示されたら、(選択)ボタンをタップします。
  2. (プリンタの選択)画面の(Googleクラウドプリンティング)アイコンをタップします。
  3. GoogleクラウドプリンターのGmailアドレスを入力し、(接続)をタップします
  4. 印刷を有効にするためにログインする必要があるGoogleログインWebページが表示されます
  5. Googleクラウドプリンティングが正しく設定され、ユーザー名が正しい場合は、Googleクラウドプリンティングプリンターを選択して印刷できる(プリンター)画面に戻ります。


MacまたはWindowsでChromeを使用してGoogleクラウドプリントを有効にする場合は、プリンターに接続されているコンピューターでChromeが実行されていることを確認してください。

プリンターで印刷できない場合は、こちらでGoogleクラウドプリントの印刷ジョブキューを確認してください。印刷ジョブのステータスを確認し、エラーがないかどうかを確認します。

次のGoogleクラウドプリントのページも参考にしてください。


ブックマーク    表示
連絡先/住所ラベルの印刷

サイドメニューを開くには、Save2PDF内の画面の左上にある3行のボタンをタップします。その後、「連絡先」をタップして連絡先画面を表示します。
連絡先は、連絡先名の左側にあるチェックボックスを使用して連絡先リストから選択できます。すべての連絡先を選択するには、画面上部の✓チェックボックスを使用します。連絡先を選択したら、(印刷)ボタンをタップします。

各連絡先グループの連絡先は、上部のツールバーのグループボタンで表示できます。
印刷ボタンをタップした後、「プリンタオプション」をタップし、「連絡先レイアウト」をタップして別の印刷レイアウトを選択します。

検索ボタンを使用して、検索フィールドにテキストを入力して、表示する連絡先のリストをフィルタリングすることができます。

連絡先が表示されない場合は、連絡先アクセスに関するセクションを参照してください。


ブックマーク    表示
DYMOプリンターで印刷する

MacまたはPCにWePrint()をインストールすることで、DYMOプリンタに印刷できます。http://esz .us/wp
WePrintは無料のプリンタ共有サーバーです。 iPhone/iPadには、USB経由でプリンタに接続するオプションはありません。
Save2PDFの印刷画面で、 "選択"()ボタンをタップして、WePrint DYMO LabelWriterを選択します。

Save2PDFの「連絡先」をタップして連絡先を選択し、「プリント」をタップすることで住所/配送ラベルをDYMOプリンタに印刷できます。
DYMO LabelWriterにロードされている正しいラベルをプリンタオプションと職場または自宅のいずれかのオプションで選択します。
LabelWriterツインをお持ちの場合は、「プリンタオプション」画面の下部にある「トレイ選択」で右または左のロールを選択することができます。

また、Save2PDFの「ファイル」セクションでテキストファイルまたはメモを作成し、受信者の詳細を入力してから印刷することもできます。


ブックマーク    表示
写真/画像の印刷

画像は異なるサイズで印刷できます。
左上のパネルを表示するには、画面上部の3つの線ボタンをタップし、次に「画像」をタップします。
複数の写真をタップして選択し、右上の「印刷」ボタンをタップします。
印刷画面で「プリンタオプション」をタップして、画像サイズと用紙トレイを選択します。

MacまたはPCの無料のWePrintを使用してiPhone/iPadから印刷する場合は、用紙トレイを選択できます。http://esz.us/wp。用紙トレイの選択は、システムとプリンタのサポートによって異なります。

写真印刷の場合は、「塗りつぶしページ」を使用することをお勧めします。写真がカットされている場合や白い帯が見える場合は、WePrintの(画像)タブ、またはiPhone/iPadの(プリント)画面の(プリンタのオプション)で画像の余白を調整できます
必要に応じて、余白を使用して印刷領域を拡張することができます。

画像が正しいサイズで表示されない場合は、WePrint設定の「画像スケーリング」設定を調整して、お使いのプリンタに合わせて画像のスケールを調整することもできます。これは、iPhoneで選択したすべての画像サイズのフォーマットに適用されます。 3x5,4x6(「ページを塗りつぶす」を除く)

1ページに複数の写真を印刷するには、印刷画面で「プリンタオプション」をタップします。ページあたりの画像数を設定するには、「ページ単位の写真 - 列」と「ページ単位の写真 - 行」を変更します。


ブックマーク    表示
ページ/番号/キーノートからの印刷

Pages、Numbers、Keynoteのドキュメントを以下の手順で印刷/共有することができます
  1. 1)Pages、Numbers、またはKeynoteのアクションボタン(矢印または「...」ボタン付きの四角)をタップします。
  2. 2)メニュー
  3. で "コピーを送信"を選択します。
  4. 3)印刷/共有する文書をタップします
  5. 4) "ページ"または "PDF"形式を選択する
  6. 5)共有ダイアログのリストからSave2PDFを選択します。 Save2PDFが最初に表示されていない場合は、多くのアプリがブラックボックスの右から左にスワイプする
  7. 6)Save2PDFが開き、[印刷]ウィンドウが表示されたら、[印刷]をタップします。



ブックマーク    表示
ネットワークが利用できないモバイル印刷


Wifiネットワークが利用できない場合、iPhone/iPadを使用してプリンターに印刷できます。これの例は、トラックに乗っている場合、またはホテルを訪問している場合です。
以下の手順に従って、モバイル印刷を有効にします。
  1. デバイス設定アプリで「パーソナルホットスポット」を有効にします
  2. WiFi経由でWiFiプリンターをパーソナルホットスポットに接続します(プリンターの手順については、プリンターモデルでこれを行う方法を確認してください)
  3. Save2PDFを開き、印刷するものを選択し、右上の(印刷)をタップして(印刷)画面を表示します。 (選択)をタップしてWiFiプリンターを見つけ、(印刷)をタップします。


ブラザーモバイルプリンターの場合、(印刷)画面の(セットアップ)をタップして、セットアップ画面を表示します。 「Brother Mobile」テストが表示されない場合は、「More」をタップして追加します。 「Brother Mobile」の横にある「Test」をタップして、接続をテストします。接続が確認されたら、画面の下部でドキュメントとテキストの(Brother Mobile)オプションを選択する必要があります。

注:この方法を使用するには、iPhoneで「パーソナルホットスポット」機能を有効にする必要があります。携帯通信会社でこれを制限している場合がありますので、詳細を確認してください。


ブックマーク    表示
Brother PJ 673モバイルプリンターへの印刷



まず、デバイスをPJ-673 WiFiネットワークに接続する必要があります。これは、WiFi経由でiPhone/iPadを673に接続することに関するブラザーのドキュメントです。
http://download.brother.com/welcome/docp000760/pj673_ukeng_usr_0.pdf

iPadをPJ673に接続したら、Save2PDF内のWebページ(または他のドキュメント)を表示しているときに(印刷)ボタンをタップします。
(選択)をタップし、(プリンターの選択)画面でPJ673プリンターアイコンを選択します。 PJ-673が表示されない場合は、選択画面の右上にある「+」ボタンを使用して、PJ 673を手動で追加します。 Brotherのインストールドキュメントに記載されているアドレスを入力します。 169.254.100.1

印刷画面で、セットアップをタップしてセットアップ画面を表示します。 「Brother Mobile」テストが表示されない場合は、「More」をタップして追加します。 「Brother Mobile」の横にある「Test」をタップして、接続をテストします。接続が確認されたら、画面の下部でドキュメントとテキストの(Brother Mobile)オプションを選択する必要があります。

(プリンタオプション)ボタンをタップして、プリンタのモデルと用紙サイズや長さなどの他の設定を選択します。

セットアップ後、PJ 673 WiFiネットワークに接続した後、他のドキュメントで(印刷)をタップするだけです。


ブックマーク    表示
WePrintを削除


WePrintは、http://esz.us/wpからMacまたはPCにインストールできます。 WePrintを使用すると、ファイル、プリンターを共有したり、モバイルデータを使用してリモートで印刷したりできます。

問題がある場合は、お問い合わせください。

PCアンインストーラーが追加のユーザーファイルを検出して完了しない場合、C:\ドライブを探索し、「C:\ Program Files \ WePrint」フォルダーを削除するか、ごみ箱にドラッグしてWePrintを削除できます。
また、フォルダー「c:\ WePrint」が存在する場合は削除します

MacでWePrintをアンインストールするには、WePrintアプリケーションを終了します。その後、このファイルを削除できます。
アプリケーション/WePrintサーバー
このフォルダー:
〜/Documents/EuroSmartz Print

WePrintアイコンがApple FinderメニューバーまたはDockに表示されない場合は、画面の左上にあるAppleアイコンに移動し、WePrintアプリケーションを強制終了します。


ブックマーク    表示
ファイル、写真、クリップボード、文書転送
クラウドサーバの追加

Save2PDFを使用して、さまざまな種類のクラウドサーバにアクセスできます。 iCloudドライブ、Googleドライブ、OneDrive、DropBox、Box.net、MyDisk、CloudMe、Evernote、FTP、SugarSync
  1. 画面の右上にある3行のボタンをタップして左側のパネルを開き、「ファイル」をタップします
  2. 「Cloud Servers」アイコンをタップしてサーバー画面を開きます。
  3. 画面の右上にある「+」ボタンをタップします。
  4. 追加するクラウドサーバーの種類を選択する
  5. クラウドサーバーの種類に応じて、ログインを要求されるか、クラウドサーバーアプリケーションに引き込まれてアカウントを認証します。
  6. Cloud Serverアカウントが追加されたら、サーバーアイコンをタップしてサーバーの内容を表示します。


WebDAVサーバーの場合は、サービスにアクセスするためのURLと同様に、ユーザー名とパスワードを入力します(URLはプロバイダのWebサイトで利用可能です)。
FTPの場合は、ユーザー名とパスワードを入力します。ポート名を変更するには、「ポート」フィールドまたは「名前」フィールドをタップしてFTP名を変更します

いくつかのサンプルサーバー設定は次のとおりです。
Box.net:URL = "http://box.net/dav"
MyDisk.se:URL = "https://mydisk.se/username/"ここで、 "username"はユーザー名です。注:URLの末尾に "/


ブックマーク    表示
MacまたはPCでのファイルのインポート/エクスポート



WePrintを使用してコンピューターからファイルをインポートするには、以下の手順に従います。
  1. MacまたはPCにWePrintがインストールされていることを確認してください。こちらからWePrintをダウンロードしてインストールしますhttp://esz.us/wp
  2. MacまたはPCでWePrintを開き、(設定)ボタンをクリックして、(共有)タブを開きます
  3. (共有)タブ画面の半分ほど下に(選択)が表示されたボタンが表示されます。これをクリックして、ファイルの共有に使用するフォルダを選択します。これは、ドキュメント全体またはマイドキュメントフォルダーにすることも、iPad/iPhoneに転送するファイルのためだけに別のフォルダーを作成することもできます
  4. iPad/iPhoneに移動してSave2PDFを開き、左側のパネルの(ファイル)画面に移動します。 「+」ボタンをタップしてから、「インポート」をタップします
  5. (場所)画面で、WePrintがリストにない場合は、(サーバーの追加)をタップします。 Save2PDFは、トラブルシューティングセクション()をチェックしない場合、WePrintを自動的に検出します
  6. 選択したフォルダーの内容であるファイルとドキュメントのリストが表示されます
  7. タップして1つ以上のファイルを選択し、(インポート)をタップします


次の手順に従って、iPhone/iPadからMacにファイルをエクスポートします。
  1. 上記の手順に従って、ファイル共有用にWePrintを設定します
  2. iPad/iPhoneに移動してSave2PDFを開き、左側のパネルの(ファイル)画面に移動します。
  3. 各ファイルアイコンのチェックボックスを使用して1つ以上のファイルを選択し、次にアクションメニューボタン(矢印の付いた正方形)をタップします。
  4. 次に、アクションメニューから(エクスポート)を選択し、出力先としてWePrintフォルダを選択します


Macファイルを「iCloud Drive」の「EuroSmartz Apps」フォルダに移動することもできます。次に、iCloudサーバー画面でSave2PDF内のこれらのファイルにアクセスできます。ファイルが転送されて表示されるまで少し時間がかかります。

クラウドサーバーからファイルを取得することもできます。詳細については、クラウドサーバー()セクションを参照してください


ブックマーク    表示
クラウドサーバとの間でファイルを転送する

Save2PDFを使用すると、デバイスと異なるクラウドサーバ間でファイル、ビデオ、写真、ドキュメントを転送できます

ファイル画面(ローカルファイルまたはクラウドサーバーファイル)を表示するときは、右上の「+」ボタンをタップし、「インポート」を選択します。これにより、ファイルを選択して現在のファイル画面にインポートする別の場所を選択することができます。

また、ファイル画面で1つまたは複数のファイルを選択し、右上のアクションメニューボタン(矢印が付いた四角形)から「書き出し」を選択することもできます。


ブックマーク    表示
他のアプリからファイルをインポートする

他のアプリからSave2PDFにファイルを転送することができます。

方法1 - iOS 11でサポートされているiPadでのマルチタスク
Save2PDF内のファイル(またはWebブラウザ)画面を開く
アプリのバーを表示するには、iPadの画面の下から上にスライドします。画面の右にある別のアプリ(写真、Safari、ファイルなどのドラッグをサポートする)をタップ&ドラッグして分割画面を作成します。
文書や写真などのコンテンツをタップ&ホールドしてSave2PDFにドラッグして保存または印刷します。

方法2 - 他のアプリから「開く」を使用し、Save2PDFを選択します。このオプションは、ファイルを選択してアクションメニューを使用するときに、ほとんどのアプリで使用できるようにする必要があります

方法3 - 他のアプリから「iCloud Drive」を使用し、「EuroSmartz Apps」をタップします。これにより、他のアプリからの文書をSave2PDF内のiCloudフォルダに保存します

方法4 - クラウドサーバーを使用してファイルを他のアプリケーションと共有する



ブックマーク    表示
ファイルを別のアプリに送信する

あなたはSave2PDFの中から他のアプリにファイルやその他のコンテンツを送ることができます。

左側のパネルを表示するには、画面の左上にある3つのボタンをタップします。その後、 "ファイル"をタップしてファイル画面を表示します。

ファイルアイコンのチェックボックスをタップしてファイルを選択し、アクションメニューボタン(矢印のある四角形)をタップしてアクションメニューを表示します。
メニューの(アプリケーションで開く)または(共有)のいずれかを選択すると、Omnifocus、Devonthink、Evernoteなどの他のアプリとコンテンツを共有できます。


ブックマーク    表示
iPad/iPhoneをMac/PC上のディスクとしてマウントする

iPadまたはiPhoneをコンピュータ上のディスクとしてマウントすると、ファイルとフォルダをディスクの内外で自由に移動できます。ステップバイステップガイドでは、ここをクリックしてWindowsをご利用ください


ブックマーク    表示
デバイス間でファイルを同期する

iCloudを使用してSave2PDF内のファイルを他のデバイス上のSave2PDFと同期させることができます。アプリの設定()を開き、[ファイル]セクションを開きます。 「iCloud経由でデバイス間でローカルファイルを同期する」をオンにします。これにより、iCloudアカウントを持つデバイス間で自動的にファイルが共有されます。


ブックマーク    表示
ファイルを解凍して解凍する

ファイル画面でファイルを圧縮することができます。タップして、チェックボックスを使用して1つまたは複数のファイルをチェックします。次に、画面の上部にあるアクションメニュー(矢印のある四角形)を使用します。 「Zipファイル」を選択し、新しいzipファイルの名前を付けます。

ZIPファイルをタップするだけで、ZIPファイルを解凍して表示することができます。 zipファイルからファイルをコピーするには、1つまたは複数のファイルを選択し、画面の上部にあるアクションメニューの「エクスポート」を使用します。


ブックマーク    表示
写真:写真
写真/画像の印刷

画像は異なるサイズで印刷できます。
左上のパネルを表示するには、画面上部の3つの線ボタンをタップし、次に「画像」をタップします。
複数の写真をタップして選択し、右上の「印刷」ボタンをタップします。
印刷画面で「プリンタオプション」をタップして、画像サイズと用紙トレイを選択します。

MacまたはPCの無料のWePrintを使用してiPhone/iPadから印刷する場合は、用紙トレイを選択できます。http://esz.us/wp。用紙トレイの選択は、システムとプリンタのサポートによって異なります。

写真印刷の場合は、「塗りつぶしページ」を使用することをお勧めします。写真がカットされている場合や白い帯が見える場合は、WePrintの(画像)タブ、またはiPhone/iPadの(プリント)画面の(プリンタのオプション)で画像の余白を調整できます
必要に応じて、余白を使用して印刷領域を拡張することができます。

画像が正しいサイズで表示されない場合は、WePrint設定の「画像スケーリング」設定を調整して、お使いのプリンタに合わせて画像のスケールを調整することもできます。これは、iPhoneで選択したすべての画像サイズのフォーマットに適用されます。 3x5,4x6(「ページを塗りつぶす」を除く)

1ページに複数の写真を印刷するには、印刷画面で「プリンタオプション」をタップします。ページあたりの画像数を設定するには、「ページ単位の写真 - 列」と「ページ単位の写真 - 行」を変更します。


ブックマーク    表示
写真へのアクセス/写真には雲のアイコンが表示されません

Save2PDFに写真が表示されない場合、またはアクセス警告メッセージが表示された場合は、写真へのアクセスを有効にする必要があります。
デバイスの「設定」アプリを開き、下にスクロールして下部にあるSave2PDFアイコンをタップします。 (写真)をタップしてアクセスを有効にします。

写真をタップしたときに淡色/濃淡の雲のアイコンが表示された場合、写真はiCloudからダウンロードされています。一部の画像にはダウンロードに時間がかかる場合があります。設定アプリでiCloud設定(上部)を確認します。 iCloud設定で「写真」をタップします。 「iPad/iPhoneストレージの最適化」を選択した場合、写真はお使いのデバイスに保存されないことがあります。必要に応じてダウンロードされます。写真が常に利用できるようにスペースがある場合は、「オリジナルをダウンロードして保存する」をオンにします。


ブックマーク    表示
写真/画像ファイルを写真アルバムに保存、エクスポート、またはアップロードします


デバイスのフォトアルバムに画像ファイルを追加できます。

ファイル画面で画像ファイルを選択し、アクションメニューから「フォトアルバムにエクスポート」を選択します。


ブックマーク    表示
ウェブページ
Webページの印刷

Save2PDFにはWebページを印刷する2つの方法があります。

方法1 - Webページの使用(最も簡単で簡単な方法)
  1. Save2PDF
  2. の左側のパネルにある[Webページ]ボタンをタップします。
  3. 住所を入力するか、ブックマークを選択するか、右側の検索フィールドを使用するか、Safariからコピーした住所を貼り付けます(例:eurosmartz.com)。
  4. ページが読み込まれると、画面の右上にある[印刷]ボタンをタップします


方法2 - Safariを使用する
  1. Safariで必要なページに移動する
  2. ページが完全に読み込まれると、2つの選択肢があります。
    - 「http://」の「p」の後ろに「z」を追加するか、たとえばhttp z://www.eurosmartz.com
    - または、ウェブアドレスの「http://」部分の前に「z」を追加することもできます(例: z http://www.eurosmartz.com
  3. Save2PDFが開き、印刷ダイアログが表示されます。


方法3 - iOS 11対応のiPadでマルチタスクを実行する
  1. Safariで必要なページに移動する
  2. アプリのバーを表示するには、iPadの画面の下から上にスライドします。 Save2PDFをタップ&ドラッグして画面の左(または右)に移動し、分割画面を作成します。
  3. リンクまたはトップアドレスバーをタップしてWebアドレスをSave2PDFにドラッグすると、Webブラウザで表示または印刷できます。


Safariのアドレスバーからアドレスをコピーし、Save2PDF内のWebアドレスバーに貼り付けることもできます。


ブックマーク    表示
Webブックマークをインポートする

MacまたはPCのほとんどのブラウザからブックマークをSave2PDFにインポートできます。ブックマークの保存方法については、ブラウザのヘルプファイルを確認してください。あなたのブックマークをWePrintの共有ファイルディレクトリにHTMLファイルとして保存します。
このディレクトリの場所は、WePrint設定の(共有)タブにあります。

ブックマークをSave2PDFにインポートするには、Webページ画面を開き、ブックマークを表示および編集するために「ブックマーク」ボタンをタップします。
エクスポートしたブックマークファイルを選択し、(インポート)ボタンを押してインポートを完了します。


ブックマーク    表示
あなたのウェブブラウザ検索エンジンを選択してください

Save2PDFでウェブ検索を行うときに使用する検索エンジンを選択できます。
アプリ設定を開き()、「ウェブブラウザ」セクションを開きます。 (既定のWeb検索)をタップし、一覧から選択します。例えば。 Google、Bing、Yahoo、Ask、Wikipedia、DuckDuckGo。
お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ


ブックマーク    表示
PDF変換
画像とファイルをPDFファイルに変換する

複数のファイルを1つのPDFファイルにマージすることができます。
  1. Save2PDFを開き、ファイルやその他の項目をタップして表示するか、変換するファイル/ファイルを確認してください。
  2. 右上隅にあるPDFボタンをタップします
  3. 必要に応じてファイルの名前を変更し、[保存]をタップしてPDFを保存する場所を選択します


特定のファイルからのみ特定のページを含める場合は、[すべてのページ]リンクをタップしてページ範囲を選択します
さらにファイルを追加するには、右上に+ボタンをタップします
各ファイルの横に余白、位取り、向きなどの設定を変更できます。

また、オンラインストレージ(iDiskまたはWebDav対応のストア)からファイルを変換することもできます。ファイル画面でクラウドサーバーを開いて、変換するアイテムを確認して上記の手順に従います。


ブックマーク    表示
別のアプリからファイルをPDFに変換する

別のアプリからファイルを転送してPDFに変換できる方法はいくつかあります。

他のアプリから(開く)を使用して(Save2PDF)を選択
Save2PDFはPDFスクリーンを開いて表示する必要があります。
次に保存ボタンをタップするだけです。

iDisk/Dropbox/Box.net経由で共有する
他のアプリがクラウドサーバをサポートしている場合は、それを使ってファイルを転送することもできます
他のアプリでは、お気に入りのクラウドサーバーにファイルを保存します
Save2PDFを開き、(ファイル)画面から(クラウドサーバ)画面に移動します
クラウドストレージサービスを選択するか、+をタップして設定します
ファイルを選択して(PDF)ボタンをタップします


ブックマーク    表示
ノートを作成してPDFファイルに追加する

Save2PDFを使用すると、書式設定されたノートを作成し、それをPDFファイルの前面または背面に追加することができます。
  1. Save2PDFを開き、左側のパネルの[ファイル]をタップします
  2. +ボタンをタップして「新規メモ」を選択します
  3. 必要なものをメモに入力します - 画像ボタンを使用して写真や連絡先の詳細を追加します。
  4. 終了したら左上をタップしてメモを閉じます。
  5. PDFやその他のファイルとともに新しい注釈を選択する
  6. PDFボタンをタップし、新しいファイルの名前を変更して保存します



ブックマーク    表示
既存のPDFにファイルを追加するか、2つのPDFをマージする

Save2PDFを使用すると、別のファイルまたはドキュメントをPDFファイルの前面または背面に追加できます。既存の2つのPDFファイルを1つのドキュメントにマージすることもできます。
  1. Save2PDFを開き、左側のパネルのファイルをタップします
  2. チェックボックスを使用して、追加するファイルとともに既存のPDFを選択します。
  3. 画面の右上にある赤いPDFボタンをタップして、PDF変換画面を開きます。
  4. 各ファイルの右側にあるグラブバーを使用して、順序を並べ替えます。各ドキュメントのページ範囲を選択することもできます。
  5. 名前を入力し、(保存)をタップして新しいPDFファイルを保存します



ブックマーク    表示
ファックス
文書と画像をファクシミリ送信する

Save2PDFはファックスを送信する能力を持っていますが、ファックスを送信するには、PCで正しい設定をしているか、Macでサポートされているプリンタが必要です。

ご使用のシステムがファックスを送信できる正しい基準を満たしていることを確認するには、以下を参照してください。

Windows PC
<のUI>
  • WePrintの最新バージョンがPCにインストールされていることを確認するには、ここをクリック
  • 電話回線に接続されているモデムをPCに接続する必要があります。これは、ブロードバンドルーターと同じではありません。特定のモデムであり、ファックスで電話にダイヤルできます。
  • 上記をお持ちの場合は、メモ帳を使用してファックスを入力し、ファックスをテストしてから、印刷コマンドを使用してファックスを選択してください - すべてがテストで終わったらSave2PDF




  • Apple Mac
    <のUI>
  • WePrintの最新バージョンがMacにインストールされていることを確認するには、ここをクリック
  • ファックスモデムをMacに接続して、電話回線に接続することができます。これは、ブロードバンドルーターと同じではありません。特定のモデムであり、ファックスで電話にダイヤルできます。
  • またはファックスをサポートする多機能プリンタを使用できます。お使いのプリンタがファックスをサポートしている場合は、システム環境設定 - >プリント&ファックスに移動して、
    名前にFAXを持つプリンタのエントリ。表示されない場合は、プリンタに付属のセットアップディスクを再度実行してください。
  • TextEditを開いてプリンタをテストし、FAXメッセージを入力してから、印刷コマンドを使用してFAXプリンタを選択します。そこからの指示に従って、ファックスの送受信を確認してください。




  • ブックマーク    表示
    ファックスを送信する

    システム設定が上記の条件()を満たしている場合は、以下の手順に従ってSave2PDFからファックスを送信してください。
    1. ファックス送信する文書を開く
    2. 印刷ボタンをタップし、選択をタップしてファックスプリンタを選択します
    3. 画面の一番下までスクロールし、項目をファックスする番号を入力します。必要に応じて、テンプレートからカバーシートを選択することもできます。
    4. 送信をタップ


    ファックスが通過しない場合、またはWePrintに接続する際にエラーが発生した場合は、こちら()をタップしてトラブルシューティングのセクションにアクセスしてください。


    ブックマーク    表示
    トラブルシューティング
    プリンタが見つからない、または正しく印刷されない

    WiFiルータを再起動して、接続に関する問題が修正されているかどうか確認してください。

    このタイプの印刷でプリンタの診断テストを迅速に実行するには、MacまたはPCにWePrintプリンタ共有ソフトウェアをインストールしてください。
    WePrint ここhttp://esz.us/wpをダウンロードできます。

    WePrintがあることを確認してください:このテストのPrint画面のServerフィールドに表示するか、Chooseボタンをタップして選択してください。 WePrintは、3G/4Gで印刷することもできます。


    ブックマーク    表示
    私のデバイスに「サーバーへの接続エラー」と表示されます。 WePrintサーバーが見つかりません。

    プリンタへの接続に問題がある場合、またはプリントアウトがぼやけているか、あまりにも明るい場合は、いくつかのオプションを試してみてください。
    ネットワークルーターを再起動してみてください。

    Save2PDFを開き、印刷ボタンをタップし、印刷画面で「選択」をタップします。プリンタの選択画面で「AirPrint」をタップして、プリンタがそのように見つかったかどうかを確認します。

    そうしないと、無料のWePrint for Mac/PCが印刷品質とネットワーク接続の問題を追跡するのに役立ちます。
    WePrintはMacまたはPCにインストールされ、プリンタを共有してiPad/iPhoneから印刷できます。
    MacまたはPCにWePrintをインストールするには、http://esz.us/wpをご覧ください。

    Mac/PC上のWePrintとiPhone/iPadが同じネットワークにあることを確認してください

    Save2PDFの「印刷」画面の「サーバー」フィールドに「WePrint」と表示されていますか?
    (印刷)画面で(選択)をタップし、(プリンタの選択)画面をタップして、プリンタ名が緑色の「WePrint」アイコンとその下の「使用可能」アイコンをタップします。

    ごくまれに接続の問題が発生し、通常はファイアウォールによって発生します。 Windowsのヘルプページを確認して、
    ファイアウォールは接続をブロックしません。一時的にファイアウォールをオフにしてテストしてみてください。

    アプリの印刷画面で「選択」ボタンをタップします。次の画面で「+」をタップし、自動的に見つからない場合は、WePrintサーバーの詳細を入力します。

    WePrint Settings - AdvancedタブでWePrintポート番号を変更してみてください。カスタムポート番号を8081または8082などに設定します。これを行う場合は、デバイスのポートも必ず変更してください。

    パスワードが必要な場合、デバイスがWi-Fiルーターに接続されていることを確認します。一部のルーターでは、パスワードなしでゲストにアクセスできますが、同じネットワーク内のデバイス間のアクセスはブロックされます。
    ルーターにパスワードでアクセスできる場合は、iPhone/iPadの設定で入力します。
    一部のルータには、ルータ管理画面に「AP分離」という機能があります。これにより、デバイス間のアクセスがブロックされます。 「AP分離」/「無線クライアント分離」がオフになっていることを確認します。

    これらのすべての手順を試しても見つからない場合は、単に理由なくブロックされているか、3G/4G経由で印刷したい場合は、モバイルデータ経由印刷()オプションを使用できます。


    ブックマーク    表示
    私の印刷ジョブはWePrintに表示されますが、それ以上のことはなく、Mac/PCにプリンタエラーがあります

    おそらく、あなたのプリンタは、印刷ダイアログなしの標準的なバックグラウンド印刷をサポートしていないでしょう。 (ウィプリント設定) - > (詳細)タブに移動し、(互換印刷モード)をオンにしてみます。


    ブックマーク    表示

    de es fr it ja nl pt ru en
       
       Press Kits